注目の投稿

パラマハンサ・ヴィシュワナンダ 来日イベントのお知らせ

ダルシャン&サットサング2018@東京 特設サイト (詳細・お申込み ) ダルシャンという言葉は、サンスクリット語の「ダルシュ」から来ており、「見ること」神を「垣間見る」ことを意味します。神実現を果たしたマスターから、個人的に祝福を受けることは...

2018年9月7日金曜日

マハー・オーム・チャンティング開催のお知らせ





パラマハンサ・ヴィシュワナンダ来日(詳細はこちら)を期に
ダルシャン前に会場でマハー・オーム・チャンティングを開催致します。

マハーとは、偉大なという意味のサンスクリット語です。
大きな円を作り大勢の参加者により行われます。
大勢で行うオーム・チャンティングのバイブレーションは圧巻です。

ぜひ皆様、ご参加お待ちしております!


日時
10月23日(火)
受付開始 10:00  時間 10:30 ~11:30(予定)

参加費は無料です。

会場

全電通労働会館 http://www.zhall.or.jp/
住所 東京都千代田区神田駿河台3丁目6
最寄駅 JR中央・総武線・御茶ノ水駅聖橋口出口徒歩5分


お申し込みはこちらから

お申込フォームを送信後、こちらから「お申込み完了」メールをお送り致します。


*30分間オームを唱えます。
*会場では、靴を脱ぎ床にお座りいただきます。(靴を収納する袋はこちらでご用意致します。)座布団・クッション等をご持参ください。床に座れない方には、椅子をご用意致します。
*椅子に限りがございますので、床に座れない方を優先とさせていただきます。





今回のマハー・オーム・チャンティングは、「母なる地球を癒す」を意図し行われます。
今年日本で世界で様々な自然災害が起こりました。そのエネルギーをオームを唱えることで、マハーヴァターババジ、パラマハンサ・ヴィシュワナンダの恩寵によりポジティブなものへと変換し、母なる地球を癒し、災害に見舞われた方々の1日も早い復興と安寧をみなさまと共に、お祈りしたいと思います。







オーム・チャンティングとは…

5000年前にヒマラヤで行われていたグループ・ヒーリング・サークルで、世界的に有名な著書『あるヨギの自叙伝』により大変名が知られているマハーヴァター・ババジによってもたらされ、弟子であるパラマハンサ・ヴィシュワナンダを介し、現代に復活しました。




皆さんで円になり聖なる音オームを唱えます
この宇宙根源の聖なる音オームを共に響かせることで、唱えている人の肉体と精神を癒し、心と体と魂のバランスを整え、喜びに満ちた人生へと導きます。

またそのエネルギーは他者へも送ることができ、周りの環境、街、動物、自然、土地、エネルギー、生きとし生けるもの、故人をも癒します。そして、母なる地球に大いなる素晴らしい癒しと恩恵をもたらし、人間世界のバランス、またその一体性を取り戻す助けとなります。

国籍、民族性、宗教を問わず、どなたでも参加でき、現在、2000人のオーガナイザーにより、世界70カ国で行われています。

オーム・チャンティングの歴史:
オーム・チャンティングの歴史は、数千年も前へとさかのぼります。まだ人類が崇高な英知と繋がり、宇宙と調和していた頃のお話。当時のリシたち(古代の聖者:ヴェーダ聖典の起源)は、オームの持つ強力な根源的波動を用いて、ヒーリングエネルギーを発生させ、人類へのヒーリング、人と自然のあらゆる不調和の調整を行いました。



オーム・チャンティング公式サイト


http://www.omchanting.org/