注目の投稿

パラマハンサ・ヴィシュワナンダ 来日イベントのお知らせ

ダルシャン&サットサング2018@東京 特設サイト (詳細・お申込み ) ダルシャンという言葉は、サンスクリット語の「ダルシュ」から来ており、「見ること」神を「垣間見る」ことを意味します。神実現を果たしたマスターから、個人的に祝福を受けることは...

2013年12月24日火曜日

シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ: 聖母ミーラの許でバジャンを歌う

毎年クリスマスの訪れと共に、シャウムブルクのお城にある聖母ミーラの許で、
 毎日バジャンが歌われます。日毎に違うグループが歌い、昨日はバクティ・
マルガのグループが歌いました! バジャン・グループのメンバーは
皆でプログラムを組み、リハーサル後、早々に音響設備を整える
為シャウムブルクへ向かいます。
スワミ・ヴィシュワナンダは昨晩突然、この機会に聖母ミーラを訪れる決心を
します。早速電話が交わされ、聖母はこの速やかな決断を喜んで、
心からスワミジを歓迎します。
いよいよその時が来て、私達は40分でシャウムブルクに着きます。
聖母ミーラとスワミ・ヴィシュワナンダは控えの間で心からの挨拶を交わします。
そして ー連れ添ってダルシャン室へ行き、二人並んで演壇の席に着きます。
この二人をそこに見るのは、何という喜びだったことでしょう!
 何曲かバジャンを歌った後で、スワミジはマイクロホンを手にし、
持ち前の素晴らしい、暖かい声で聖母ミーラの為にバジャンを歌い、
聖母は手拍子を打って応えます。二人のデリケートな相互関係と相手に
対する愛情のこもった尊敬の念は、見ている者をうっとりとさせます。
お終いに私達は皆お茶とお菓子に招待され、スワミジは聖母ミーラにサリーを 
プレゼントします。私達は彼女がインドで建設した学校について、
又ここヴァルデッカー・ホーフで行われる子供達の瞑想について質問します。
心のこもったお別れの挨拶の後、私達はシュプリンゲンに戻ります! 
ここでは200人の信者がスワミジを待っていて、彼はまっすぐにテンプルに
行き、皆と一緒に歌います。この日聖母ミーラは、
その後2回に渡るダルシャンを行います。
神様の顕現体のこの世での義務は簡単なものではありません。
でも彼等は私達に常に休みなく神様の愛を与えてくれます。
例え私達にそれが分からなくても、 彼等は
何時でも私達のそばにいるのです!

2013年12月20日金曜日

シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダの使命に貢献する

シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダの信者は、皆それぞれ彼の使命に貢献し、 
広めていく責任を負っています。それはセンター内で暮らしていようと、
外部で生活していようと変わりありません。私達は皆神様から、それを
最高に活かして仕える為の特別の才能を授かっています。例えばイエス・
キリストの弟子達がしたように、世捨て人の格好をして彷徨い歩き、
人々に霊感を与えたりするようなことこそ出来ませんが、私達が授かった才能を
認め、これを最大限に活用することは可能です。 その良い例として合衆国の
スワミ・ヴィシュワナンダの信者の一人に「ガチョウのお母さん」と呼ばれる
人がいます。彼女はアトマ・クリヤ・ヨーガを伝授した後、 一度も
出会ったことがないのに、スワミに対する並々ならぬ愛情を感じ、
彼の使命に貢献したいという気持が強くなります。そして自発的にスワミの
写真を使って、カードを作り、合衆国のセンターを訪れるスワミの信者達に
配ります。最近合衆国を訪れたスワミ・クルは、ロスアンジェレスに
近いラグナにあるバクティ・ダクシュネシュワリ寺院に置いてあったこの
カードに目を止めます。彼は誰が作ったのかと尋ね、後になって、それが
ワシントン州のべリングハムにいる、ヴァラヒと知り合いの「ガチョウの
お母さん」であることを知ります。そこで彼女にもっとカードを作って、
ドイツのセンターに送ることが出来るかと訊きます。彼女は感激して、
すぐに出来ると答え、スワミに奉仕することが待ち切れない思いでいます。
現在このカードはドイツのセンターにあり、クリスマスとお正月を通して
売られました。カードは全て手作りで、スワミ・ヴィシュワナンダの様々な
モティーフを 描いています。それはプロの大会社で印刷された物では
ないかもしれないけれど、スワミを慕う信者の愛情が注がれ、
その為にかえってその価値を高めています。
このささやかな例は、私達が毎日スワミの使命に尽くせる幸せが、
どんなに大きな物であるか教えています。それと同時にセンター以外の
場所に住む信者にとっても、想像以上に色々な意味で貢献出来ることを
思い出させてくれます。 寄付金を送ったり、ダルシャンを訪れたりすることは
素晴らしい事ですが、 それ以外にも神様から授かった才能を活かして、
私達に考えられる限り、一番良い方法でスワミの使命に仕えたいものです。
その勤めは大きかろうが小さかろうが、 単なるクリスマスカードであろうが、
又スワミのことを友達に伝えるだけのことであろうが、その行いが心からの
ものであれば、それはスワミとその使命に仕えることになります。そして
最終的にそれは 私達の使命にもなるのです。 「自分の所有物は他人には
少ししか与えないものである。 ところが自分自身を与えるとなると、
すっかり与えてしまうことが出来る 」カーリル・ジブラン

2013年12月18日水曜日

ランツァローテの 5日間に渡る沈黙の静養期間 ー トゥルジダスアナンダ

今日はグルジの最初の試みである沈黙の静養期間の最後の日です。私はグルジと 
参加者一同の、こんなにも平和で魅惑的な甘さを体験出来て、大変嬉しく思って います。
初めは第一夜を沈黙のうちに過ごすことになっていましたが、グルジは気前良く、
私達がお互いに挨拶を交わし、話し合うことを許してくれます。こうして沈黙の 
開始は火曜日の朝6時に変更されます。 第一夜の夕食前、グルジは徹底した
沈黙の本質、又その意義と最高の静寂に至る過程を説明します。
私達はグルジから神様の知恵を授かった後、この土地に住む信者達の美味しい
食事を満喫します。 私達は皆幸せな気持ちで眠りにつきます。 翌朝は
7時半にグルジの家の屋上でスタートします。参加者全員は沈黙のうちに、
海と日の出を拝みながら、ババジの「太陽礼拝」を行います。
そしてその後に全員でメインクリヤの1と2を実習します。
グループ全員は胸一杯に平和を抱きつつ、黄金の太陽が水平線の彼方に昇る様子を 
見守ります。近くの浜辺に打ち寄せる波の音以外には、何も聞こえて
来るものは ありません。その後皆は朝食に集合する為、それぞれの部屋に戻ります。 
10時半、グルジは皆でジャパ(数珠を手に神の名を唱える)を行いながら歩くことを
提案します。するとまるで目に見えない力に吸い寄せられるかのように、
全員がグルジの家の前に集まって来ます。皆が忍耐強くそれぞれ心の主を
待ちわびる様子は真に心暖まる光景です。グルジは幸せそうに皆の愛情に応え、
全員を約2時間に渡るジャパ歩行に導きます。私は少し離れた所から見守りながら、
羊の群れを神様の許に導く、善き羊飼いのことを考えずにはいられませんでした。
火曜日に行われたこのジャパ歩行は、木曜日にも繰り返して行われます。 
この日グルジは私達を20メートルから30メートルの深さの峡谷に導き、
私達はそこで30分以上瞑想します。私達の心の主についてだけではなく、
心の主その人と瞑想する喜びを皆の顔に見るのは素晴らしい体験となります。
木曜日にグルジは私達を巨大な洞窟に連れて行きます。多くの者は1キロ以上も
深くこの洞窟に入って行きます。グルジは皆にライトを消すように言い、
私達は全くの暗闇で2時間近く瞑想します。信じられないほどの平和が感じられます。
 光は全くなく、私達自身の規則正しい呼吸以外には何の音も聴こえません。 
グルジは後でマハヴァタール・ババジが洞窟に現れたことを話します。 毎日の後半は、
外見では何も起こらなかったように思えましたが、内面は大変活気を帯びていました。
グルジは皆にそれぞれの部屋で、定められた瞑想をするように言います。 過ぎ去った
沈黙の日々を顧みると、参加者全員が日一日と穏やかになって行くのが分かります。
グルジの恵みと私達が彼の指示に従ったことによって、皆はそれぞれ変わっていきます。
グルジから授かったこの静寂は今後も私達と共にあることでしょう。
それは私達の心に深く入って行き、私達が望む時に神様の存在を感じることが
出来るようになるでしょう。 私はグルジの初めての沈黙の静養期間を見守り、
控え目ではありながら、それに貢献することが出来たことを大変感謝しています。
グルジは2014年、シュリ・ ピタ・ニラヤで後2回この沈黙の静養週間を
企画しています。私は心からこのレトリートに参加することをお勧めします。
それは素晴らしい、又思い掛けないやり方であなたの人生を
変えてしまうでしょうから… 

 ランツァローテから心を込めて トゥルジダスアナンダ