2013年2月8日金曜日

クンバ・メーラのスワミ・ヴィシュワナンダ (3)

その前に乗ったバスの中で、次のような質問がなされます。
質問・お慈悲とお恵みは同じ物ですか?スワミ・
ヴィシュワナンダ・神様のお慈悲は皆が求めています。
キリスト教徒もキリエ・エレイソンを歌ってお恵みを請います。
お慈悲とは神様やグルが人間をその翼の許に匿うことです。
お恵みとは完全な献身のことで、これは全く違う物です。
更に質問がなされます・神様のお恵みを授かる為にはまず何か
間違ったことをしなければいけないのですか?グルジ・
そんな事はありません。同情というのはお慈悲です。
あなたがシュピリチュアルな道で成長したかったら、
神様のお恵みが必要です。シュピリチュアルな道には
障害が沢山あるので、それを取り除く為に神様のお恵みが必要なの
です。でも神様のお恵みを授かるには、それを求める気持が必要です。
まず大切なのはそれを求める気持です。あなたがこのお恵みを授かると、
障害物は取り除かれ、あなたは真のサダナ(シュピリチュアルな実習
をすることが出来ます。質問・それでは一度神様のお慈悲を手に入れたら、
もう大丈夫なのですか?スワミジの答・大丈夫です。
そして神様のお恵みは、その後サダナをしている時に授かります。
でもそれにはお慈悲とお恵みの両方が必要です。