注目の投稿

パラマハンサ・ヴィシュワナンダ 来日イベントのお知らせ

ダルシャン&サットサング2018@東京 特設サイト (詳細・お申込み ) ダルシャンという言葉は、サンスクリット語の「ダルシュ」から来ており、「見ること」神を「垣間見る」ことを意味します。神実現を果たしたマスターから、個人的に祝福を受けることは...

2017年3月3日金曜日

スターピープルNo.62に掲載(パラマハンサ・ヴィシュワナンダ)

スターピープルNo,62に、パラマハンサ・ヴィシュワナンダのインタビュー記事が掲載されました。
このインタビューは、昨年10月に来日された際のものです。





マハヴァター・ババジとの初めての出会いの体験についてや、子供の頃焚火の中に座っているグルジを見た母親が腰を抜かしたという話など、興味深いお話も載っています。

「物質社会の中でエゴに囚われないようにするには、どうしたらよいでしょうか」
「神に近づくため、誰もができることはありますか?」
などの質問にも答えられています。


このインタビューの後に、取材された方の目の前で、グルジはヴィブーティ(聖灰)を物質化されたそうです。そして、そのヴィブーティは、薔薇のような香りがしたそうです。

グルジはいつも薔薇のようないい香りをされているのを思い出します♡