注目の投稿

パラマハンサ・ヴィシュワナンダ 来日イベントのお知らせ

ダルシャン&サットサング2018@東京 特設サイト (詳細・お申込み ) ダルシャンという言葉は、サンスクリット語の「ダルシュ」から来ており、「見ること」神を「垣間見る」ことを意味します。神実現を果たしたマスターから、個人的に祝福を受けることは...

2018年1月11日木曜日

国際オーム・チャンティング ・プロジェクト



HELP HEAL THE PAST
WWII CONCENTRATION CAMPS
第二次世界大戦の旧強制収容所や戦場にオームの振動をもたらす
国際オーム・チャンティング・ プロジェクト


【日にち】2018年2月24日(土)
時間説明12:15~ 
     オーム・チャンティング12:30~13:30
*時間厳守でお願いします。オーム・チャンティングが始まってからの
参加はできませんのでご注意くださいませ。


場所沙羅舎 東京都三鷹市下連雀3-1-24
     http://www.sarasya.com/pg38.html

参加費無料
(会場費がかかりますので、ドネーションしていただけると助かります。)
持ち物なし


2018年2月24日、様々な国が同日に同じ意図を持って
オーム・チャンティングを行います。
その意図とは、第二次世界大戦下で様々な場所で悲劇が起こりました。
そのエネルギーは物質的には浄化されていますが、
未だにそのエネルギーは残っているそうです。
そのエネルギーを、聖音オームの振動を用いて浄化することです。
ベルギー、ドイツ、クロアティア、オーストリア、ポーランド、
スロヴァキア、チェコ共和国、アメリカ合衆国、日本の参加が現在決まっています。

2016年に同じ意図を持ってオーストリアの強制収容所跡地で開催された
オーム・チャンティングでは、多くの人が涙を流し、変容が起こったそうです。
今回は、日本も参加します。会場となる沙羅舎がある三鷹市やその周辺は
軍事工場地帯でたくさんの空襲に見舞われたそうです。
そのエネルギーと共に、私たちの DNAに刻まれている戦争の悲しみ、
苦しみのエネルギー、日本中、世界中に残っているそれらを、
みなさんのオームの振動を用いて、浄化していきましょう。
マハヴァターババジによりもたらされたオーム・チャンティングを、
今の時代に再び紹介したパラマハンサ・ヴィシュワナンダは、
次のようにおっしゃっています。

「オーム・チャンティングは、これらの場所を変え、振動を高め変容をもたらすためのツールとして作用します。それは物質界のみならず、アストラル界、エーテル界にも働きます。」

世界各国で同日に行うことで、大きな集合意識が変容されることでしょう。
皆様のご参加お待ちしています。