注目の投稿

パラマハンサ・ヴィシュワナンダ 来日イベントのお知らせ

ダルシャン&サットサング2018@東京 特設サイト (詳細・お申込み ) ダルシャンという言葉は、サンスクリット語の「ダルシュ」から来ており、「見ること」神を「垣間見る」ことを意味します。神実現を果たしたマスターから、個人的に祝福を受けることは...

2017年10月27日金曜日

グルジへの贈り物(金の蓮の花)ご報告


グルプルニマ(グルへ感謝する儀式)に寄せて金の蓮の花一対をグルジに贈るため、
5~7月に皆様から寄付を募りました。
見積もりでは、花瓶と蓮の花11本の対で約80万円+送料20万円でしたが、
実際の金額は988,524円でした。
これ以外にドイツ関税として10数万円相当かかりましたが、ドイツでダヤマティ・スワミニが
寄付してくださいました。
約30名の方々から寄せられた寄付金の合計は、988,524円です。
 
 
 
l  この金の蓮の花は仏具として京都の職人さんが木を削り、漆を塗り、金箔を貼り付けた繊細なもの、そのため、丁寧な梱包でいくつにも箱を分けてドイツに送られました。
l  この夏、日本人グループがドイツのアシュラムを訪問した時、8月31日の午後のみ金の花の組み立て可能で、実際に金の蓮の花が税関からアシュラムに到着したのは午後2時でした! 
l  グルジは組み立て途中の様子を見にいらして、その後完成した蓮の花もご自分で既にご覧になっていました。
l  これは、後日アシュラムに新しいテンプルが完成した時に、飾ってくれる予定です。
   グルジは「美しい!」とお喜びになりました。ご寄付いただいた皆さまありがとうございます!