注目の投稿

パラマハンサ・ヴィシュワナンダ 来日イベントのお知らせ

ダルシャン&サットサング2018@東京 特設サイト (詳細・お申込み ) ダルシャンという言葉は、サンスクリット語の「ダルシュ」から来ており、「見ること」神を「垣間見る」ことを意味します。神実現を果たしたマスターから、個人的に祝福を受けることは...

2015年11月20日金曜日

グルの足跡:ヴリンダーヴァン巡礼2015:Day2 - グルジとのサットサング




「ヴリンダーヴァンはあなたのプライドが浄化される大地、エゴが洗い落とされる大地です。あなたが謙虚であればあるほど、主は彼自身をあなたに現してくれます。-シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ


旅の概要:


今日ヴリンダーヴァンは特別な日を迎えていました。500年前のチャイタニヤ・マハプラブの到来を記念するために、インドの大統領がこの地を訪れました。

この祝典のために、グルジは予定していたスケジュールをガラリと変えてしまいました。ギリダーリへのアビシェーカムの後、グルジとのサットサングが開かれました。そしてまだ建設中の新らしいアシュラムを訪ねました。スワミニ・ヴィシュワモーヒニ・マーと主任建築士が、インドとヨーローパの建築様式の違いなど説明してくれました。






アシュラム訪問後は、ヴリンダーヴァン周辺の寺院巡りをしました。まずはシュリ・バンケビハーリ寺院を訪れました。とてつもなく混んでいましたが、そのエネルギーは強大でした。またグルジと霊的権威との個人的な会話を、様々な場所で一緒に楽しみました。カルティク月のため、各所で見事な装飾が施されていました。

夜になると、インドならではの狭いデコボコした通りをリクシャに乗って、ジーヴァ・インスティチュートへと戻りました。






ハイライト:

ヴリンダーヴァンでマハプラブが目指したのは、イスラム教とヒンドゥー教を団結させることです。イスラムの侵攻で破壊された寺院の再建築や、破壊を恐れて地面に埋められたムルティの再発掘
を行いました。



グルジとのサットサング:

グルジはクリシュナと彼のリーラ、様々な寺院、そしてヴリンダーヴァンの歴史について語ってくれました。またクリシュナこそがすべての計画者であることも説明してくれました。私たちは自分で計画を試みることはできますが、最終的なものはただ1つ彼のプランです。

寺院訪問:

小さくとも華麗なミラバイ・クティールを訪れました。聖者が恍惚の中クリシュナに踊りを捧げた場所です。ミラバイはジーヴァ・ゴースワーミーと同時期にヴリンダーヴァンに住んでいました。





またシュリ・ラーダー・ダモダル寺院も訪問しました。ここでは構内でパリクラマ(ジャパウォーク)を4週行いました。これはゴーヴァルダン山のパリクラマに相当すると言われています。この寺院にはシュリラ・ジーヴァ・ゴースワーミーのお墓もあります。



証言:

愛しきクリシュナジとグルデーヴの甘美な御姿を目の当たりにできたことは、本当に本当に素晴らしい経験でした。これほど美しいクリシュナ(たち)を今まで見たことはありません。それぞれに美しいストーリーがあり、ほぼすべてのデイティ(神)は、スワヤンブー(自己顕現)です。大抵の寺院と同様、写真撮影は禁止されています。中でも特に美しかったのはラーダー・ダモダラ寺院です。シュリ・クリシュナジの足跡が見事に刻まれた石を見ることができました。-スワミ・ヴィシュワケーシャヴァーナンダ



その他の写真は私たちのフェイスブックからご覧になれます: https://www.facebook.com/SriSwamiVishwananda


---
オームチャンティング開催のお知らせ
シュリ・クリパーネーシュワルナート・マンディル建設募金のお願い