注目の投稿

パラマハンサ・ヴィシュワナンダ 来日イベントのお知らせ

ダルシャン&サットサング2018@東京 特設サイト (詳細・お申込み ) ダルシャンという言葉は、サンスクリット語の「ダルシュ」から来ており、「見ること」神を「垣間見る」ことを意味します。神実現を果たしたマスターから、個人的に祝福を受けることは...

2016年8月24日水曜日

バガヴァッド・ギーター・コース:第5日目


神に焦点を合わせたマインドの人たち、神を心から愛することに集中したマインドの人たち、いつでも愛に夢中になっている人たちは、彼らが座って瞑想する時はいつでも、彼らはハートの内の神に気づきます。

「誰のことも判断しない人たち、私が全ての人や物の源であるということを知っている人たち、弱きを守る人たち、罪のない動物たちを守る人たち、彼らは私のところに来て、私は彼らを敬愛します。私は愛を通して私自身を明らかにします。永遠に私に気づき、私を感じ、私の臨在を楽しむ至福へと愛を変容させていきます。」- パラマハンサ・ヴィシュワナンダ、2016年8月20日

バガヴァッド・ギーター・コース5日目は、神の栄光に焦点を当てました。一日中、パラマハンサ・ヴィシュワナンダは、クリシュナ神がアルジュナに神の偉大さと彼の宇宙的な現れを明らかにし始める章、第10章と第11章の両方を解説しました。

バガヴァッド・ギーターの第10章は、「ヴィブーティ・ヨーガ」(顕現のヨーガ  - 神の栄光)と言われています。第7章と第9章と同じようにこの章では、クリシュナが、彼の宇宙の支配者としての神の性質についてもっと掘り下げていきます。愛の関係性を通して、人は彼の恩寵を手に入れることができると教えています。アルジュナはクリシュナに、世界でどのように彼に気づくことができるのかも尋ねました。アルジュナの熱望に対しての返答の中で、章の後半、クリシュナが、彼の栄光(ヴィブーティ)を一連の詩的な描写で表現し、どうしたら彼を知ることができるかを示します。


「『礼拝の中では、私はジャパです。』ここで再びバガヴァーンは、あなたができる一番の祈りは何かについて話します。それは、彼の名前を唱えることです。唱える行為自体が、神です。そんな訳で、私が最初の頃言っていたように、あなたが神の名前を授けられた時には、すでに神があなたと共にいます。

あなたがチャンティングしている時、あなたは彼のことを考えています。あなたがどこへ行こうと、彼の名前と一緒に吸い込む1つ1つの呼吸は、あなたの側に寄り添う彼です。ここでバガヴァーンは、マントラ・クリヤ自体が偉大な犠牲的行為だと言っています。神の名前のチャンティングを通して、人は彼に気づくでしょう。そのシンプルな捧げ物を通して、なんてシンプルでしょう、ただ名前を唱えることで。なぜならチャンティングの行為が彼自身だからです。そういう訳で、ジャパムが最も偉大な礼拝であると言ったのです。

なので、礼拝の中で、全ての祈りや儀式の中では、神の名前のチャンティングは、最重要です。なぜなら、チャンティングの行為、その礼拝の行為は、彼自身だからです。ですから、あなたが唱える時、マインドは完全に平和になり、すっかりリラックスします。神の名前を唱えることによって、あなたのマインドは進歩して最上位の階層、最上の状態である至福まで登りつめます。」- パラマハンサ・ヴィシュワナンダ、2016年8月20日


第11章では、神のヴィブーティ(栄光)についての詳細を聞いた後、アルジュナの願望はもっと激しいくなりました。その結果、アルジュナは、創造の背後に隠れている「アヴヤクタ・ムルティ」を見たがります。これはギーターのクライマックスで、アルジュナはクリシュナの宇宙の姿、最高神の宇宙体を直接見ます。

クリシュナ神がアルジュナに明らかにしたこの宇宙の姿、ヴィシュワ・スワループを見て、彼はショックを受けます。神の一瞥は、これまで想像できたどんなものをも超えていたので、アルジュナを混乱させ、恐怖を抱かせました。


「あなたのマインドの中で、あなたは何らかの神のヴィジョンを創りますね。しかし、それは現実ではありません。それは神ではありません。あなたは、神の制限を創ります。凄いと思えるような神や、「オッケー、こんな感じの彼が好き。」と感じることができる神を。それは本当です。全世界で、人びとはこのように思います。全ての人が神について語ります。しかし、彼ら自身が共感を覚えることができる神について語ります。全ての人は、心地よく感じられる神のイメージを創ります。そして、それで心地よく感じると、今度は,、その神についての自身の小さな天国を創ります。そして泡の中に入って、「これだ!私の神は他の神よりいい!」と言います。

そしてあなたはあるイメージを創り、そのイメージの中に自分自身を閉じ込めます。しかし、現実が本当にあなたを襲うと、その泡は破裂します。その時、あなたはその現実に直面します。「あぁ!」あなたは神を切望します。あなたの中にあるイメージを切望します。しかし、至高の神彼自身があなたに「あなたがマインドに作り上げたその現実、私は最上でありそれより遥かに強い、それより遥かに広大である」と言って見せる時、あなたはショックを受けるでしょう。なぜなら、それはあなたのコントロールを超えているからです。あなたがマインドで創り上げた小さな神は、あなたのコントロール下にあります。しかし、至高のものはそうではありません。現実は違います。それが今アルジュナに起こっていることです。」- パラマハンサ・ヴィシュワナンダ、2016年8月20日

バガヴァッド・ギーター・コース5日目は、それぞれの参加者に、実際は、神は私たちにとって神秘ですが、グルの恩寵を通して彼を明らかにされることを思い出させました。ちょうどクリシュナ神がアルジュナに神のヴィジョンの祝福を与えたように、それぞれの弟子や帰依者に対するグルの役割も、同じです。それは、神の名前のチャンティングを通してマインドを浄化すること、そして全創造を治める究極の実在を明らかにするタイミングを、サットグルは知っていると信じること、それはそれぞれの人にかかっています。ジェイ・グルデーヴ!

「帰依者は愛の状態で全てを行います。そして人が愛の状態にいる時、彼らのハートやマインドの中には判断がないのです。『あなたが何をしている時も私を思い出しなさい。あなたの行動の結果を全て私に捧げなさい。私が至高の神彼自身であること、私が目標であること、私が最高の魂であることを知りなさい。』神の名前をいつも思い出し、唱え、内省し、熟考し、瞑想し、神の栄光を瞑想し、彼が行ってきたリーラを瞑想しなさい。彼が私たちのハートの中に置いた美徳を瞑想しなさい。そのようにすれば、あなたは高まり、内的な平和や満足を得て、神ご自身が、あなたの中に自身を明らかにするでしょう。彼はあなたに彼の内的ヴィジョンを与えるでしょう。」- パラマハンサ・ヴィシュワナンダ、2016年8月20日


ギーター・コースの間、多くの参加者のための偉大な資料は、新しいシュリーマド・バガヴァッド・ギーター:韻文と訳本 です。この本は、英語の訳がついたバガヴァッド・ギーターのサンスクリットの韻文を含んでいます。特定の部分についてのパラマハンサ・ヴィシュワナンダの短い引用文、マハーバーラタの家系図、サンスクリットの発音の解説も含まれます。次のサイトからこの役に立つ本についてもっと知ることができます。