注目の投稿

パラマハンサ・ヴィシュワナンダ 来日イベントのお知らせ

ダルシャン&サットサング2018@東京 特設サイト (詳細・お申込み ) ダルシャンという言葉は、サンスクリット語の「ダルシュ」から来ており、「見ること」神を「垣間見る」ことを意味します。神実現を果たしたマスターから、個人的に祝福を受けることは...

2018年6月5日火曜日

JUBILEE OF LOVEに向けて グルジの御言葉3

JUBILEE OF LOVE2018/6/717
Shree Peetha Nilaya Ashram(ドイツ)

愛の祭典まで、あと3日! 
「人が、神なる愛と常に共にあるということを
ただ謙虚であるがゆえに気づくと
ちょうど光の存在で影が消えるように
すべての否定的な性質があなたから消え去ります。
そのとき初めて、人はギリダーリジと一つになる道を歩むに値します」
パラマハンサ・ヴィシュワナンダ


◆写真;アビシェーカム
(ご神像の姿としての神を愛と献身で礼拝する灌頂式)

※ヴェーダのマントラを詠唱しながら
五大元素を表す牛乳・ヨーグルト・ギー(精製バター)・蜂蜜・砂糖や
パンチャ・アムリタ(5種類の甘味)等を聖像におかけして
神をお喜ばせする儀式です。
ガンジス河の聖水で水浴していただいた後は
美しいドレスにお召し替えいただき
チャンダン(白檀)、クムクム(赤い色粉)、香水、お線香、
お食事とお水等をお捧げして、
通常、アラティ(炎を奉納する儀式)を執り行います。